超複雑な運動表が登場しました。バンダイ「オウムサザエ」の初めてを差し上げます

今年のバーゼル時計展では、バンダイが初めてNautilus万年暦の腕時計を発売しました。超複雑な工芸技術でカジュアルなスポーツ腕時計を作りました。このスポーツシリーズの腕時計に万年暦、月相機能を含めて、厳格な時計技術を完璧に表現しています。の頑丈な耐久性と精密で複雑な技術は多くのファンを引きつけます。

複雑な時計は耐久性を兼ねる

バンダイのNautilusシリーズは1976年に誕生しました。この万年暦の腕時計はシリーズ初の超複雑機能腕時計で、クラシカルな百達翡翠のスポーツ腕時計の形をしています。

ケースは18 Kの白金の素材を採用して、実物の視覚効果は更に精致で達観して、鮮明な光沢感、標識性のは舷窓を霊感の時計の殻の造型のデザインにして、目を引くほど目立って、今すでに百達の翡翠のブランドのスポーツ腕時計の特色の1つに発展して、垂直のサテンの紋様は砂をつぶしてと投げて角をつぶして対照を形成して、突然時計の輪のを現します。標識的なデザインで、時計の直径は40ミリメートルで、万年暦の腕時計に対して、わずか8.32ミリメートルの厚さのケースはすでに極めて細くて薄く、軽く身につけています。