美しいロレックス2012バーゼルの新しいSky Dwellerシリーズを全面的に鑑賞します

ロレックスは我が国での知名度は日中のようですが、私の印象に残っているロレックスの多くは金色に輝くケースと金色に輝く時計のチェーンのようです。しかし、今回のバーゼル時計展ロレックスは新しいSky Dwellerシリーズの製品を発表して、全く新しいロレックスを持ってきました。

違った外観

今回の2012第40回スイスバーゼル国際時計展では、ロレックスがステンレスやゴールドの素材を多く採用してきたことから、今回新たに発表されたSky Dwellerシリーズの製品には三つの材質があります。全部で42ミリのカキ式のケースです。そして、外輪にロレックスの優れた技術を採用したリングCommand外輪は素早く腕時計を調整できます。これは完全にロレックスが開発したインターフェースで、いつでも調整しても腕時計に損傷を与えることはありません。

左側は古いロレックスで、右側は最新型のロレックスSky Dwellerです。

異なる技術

Sky Dwellerは栄光を持って来て、14項の特許技術を背負います。その中の5項は全く新しい特許技術です。全世界旅行を必要とする人のために設計されたと言われています。初めて二つのタイムゾーンとカレンダー機能を持って月を表示するロレックス腕時計です。偏心のある24時間のディスクを持っています。独立して素早く時計回りを調整する第二のタイムゾーンが表示しています。そして3時の位置には新しい沙羅システムが設置されています。毎年一回だけカレンダーを調整する必要があります。