何は夜光時計ですか?夜光時計と蛍光が違いを表すのは何ですか?

“夜光時計”とは何か?それと電気発光が表して何の違いがありますか?

俗称”夜光時計”は針あるいは字が上塗を打って蛍光粉があるので、黒い陰で針あるいは字が発光する腕時計を打ちにわかります。発光することができる腕時計がまだあるのは90年代中期に現れた全体の表面に発光することができる電気発光の腕時計です。
夜光時計は夜光の粉で時計の文字盤の字グロックとポインター上で塗るので、夜あるいは黒い陰で時間がはっきり見えることができます。夜光の粉は粉末形の硫化亜鉛を基質にするので、それの自身は発光しないで、ただ燐光の特性があって、すぐ日光あるいは照明が照射する後で奮い立たせるのを得て、持続的に一定時間の光を出しを、しかし時間は比較的短いです。
硫化亜鉛連続して励起を得るため、混同する定量の放射性元素を握ります。以前常用する放射性元素のラジウム、今多くプロメチウムです。放射性元素の薬の分量の大きさによって、夜光の光度も異なります。放射性元素は発光材料のを奮い立たせて発光することができるだけではなくて、同時に次第に発光材料の構造を破壊して、発光材料の性能弱まって消えてなくなって、だから夜光時計が使って一定時間があまり明るくなりませんでした。この放射性物ウブロコピー質の塗ったのはとても薄かったですけれども、長い時間がつけて依然として人体に傷つけるのをもたらして、それから科学者達はまた新しいのを探して発光して上塗り放射性のラジウムの質の塩に取って代わりに来ます。