手は殻を説明して腕時計のバンドの裂け目とどう臼を修理するですか?

腕時計は長期にわたり持って手で行って、確かに比較的裂け目やすいですに、またイタリアの人ですべて免れられないで、一部の裂け目は軽微でで、多少比較的重くて、特に鋭いものに割当てさせられて、あの傷跡は浅くありません。ステンレス製の表す殻は更に少し良くて、K金の会は更に柔らかくて、いったん手は裂け目に殻あるいは腕時計のバンドの表面を説明したら、まず美しくなくてで、その上心から愛している腕時計になって傷物と傷が現れて、心の中が確かなのもも気持ちが良くありません。
殻の表面の技術を表すとして、ほぼ2種類あります:売り払ったのはと砂のを引き延ばして、あるいは両者は兼ね備えて、手をつぶして殻の上の裂け目を説明するのを修理して、もとの技術によってすることに行かなければならなくて、大きい面積のおじけづく言う類の磨損、比較的やりやすいです;しかしあるなら比較的深い硬い裂け目、要して面倒をかけて、砂の手法を売り払うか引き延ばすのなのにも関わらずのため、すべてこのようなかききずを磨いて取りが足りません。
殻あるいは腕時計のバンドの上で局部の比較的深いかききずを表して、修理は以前は先に局域内処理をしなければならないので、位置を見て、たとえば殻の殻側を表して、甚だしきに至っては有り得精密な小さいやすりを使って、更にいくらでもあって油砥石を使って、また虫めがねの下で、注意深く比較的深いかききずをボーリングするのが平らです
その前の2日間、私は友達に1匹のカルティエの腕時計を処理して、殻を表す前にひどい裂け目に閉じ込めて、その上かききずはとても深くて、このようなについて砂のしわのを引き延ばして前閉じ込めて、修理の上で実は容易で、道具が油砥石だけを必要とする、各種の粒子の大きさの紙やすり、布を売り払って順番に当たって十分でした。
深さのかききずのがあって、要して重点的に局部で先に油砥石で磨き上げます。この需要は虫めがね下で行って、目的は裂け目に平均的に磨いて平らにするので、かききずが基本的になってすべて磨いて平らにしたのを磨いて取られた後のに時に、粒子の大きさの適切な紙やすりを選んで、もとに沿って砂のしわを引き延ばしてつぶしに行って、通常のこのしわはすべて時計の文字盤を中心にするのが呈する放射状のでで、だから、これは1匹の子の細かい仕事で、ほんの少しのを要して来て、研ぐ効果はようやく良いことができてやっと本物そっくりです。紙やすりに真珠や宝石の業界の使うあのようなを選択して使用するように提案して、、たとえばドイツの勇士の札の水の紙やすりである方がよい輸入した。