腕時計の高いどこにある腕時計はどうしてそんなに高いですか?

高級な腕時計――計略の上の贅沢なアクセサリ。代表のブランドパテック・フィリップ、バセロン・コンスタンチンなど。これらのスイスのトップクラスはブランドの中で表して、最も回の時計のモデルは10数(何)万スタートを要します。ハイエンドが価格を表すのが甚だしきに至ってははるかに1台のハイエンドのスポーツカーを比べるまた(まだ)高価です!多くの人は、小さい腕時計どうして価格このように高さを理解しません!次に腕時計の家は腕時計が高くてどこにあると言いに来ましょう!

まず腕時計はすべての製品とと同じに、ブランドも価格を決定するのが。この現象は比較的普遍的で、良いブランドはよく悠久の歴史と独特な技術を持っています。いわゆる評判の大きい製品の自然はすぐ高いです。このとても良い理解!

その次に腕時計の技術です。技術は主に、構造のこの方面を磨き上げるので、一部のブランドの技術は非常に優れていて、高いの道理でないのではないのです。あれらの高級の表したのが磨き上げて、少し見ていて比較的低級なことを少し見て、あなたは高いの道理のでないのではないのが分かります!

品質がと価格を決定するのを言える人がいますか?実はこれらがすべて“小児科”でいかなる1つの腕時計のメーカーに対してすべて問題ではなくて、腕時計の善悪はこれに頼って(寄りかかって)体現していに来たのではありません。たとえばセイコーの5番の上述の“3が防ぐ”の“5が防ぐ”はすべて同じく売れないいくらを持ちます。百はあるいはあやがあって美しくて美しいのバセロン・コンスタンチンに達して普通は何(で)も油断して、また(まだ)行って精密な工作図がありますとは限らなくて、法外な値段を売ることができます!まさかハイエンドの表したのを買うのではあるまいのがすべて馬鹿ですか?いいえ、あなたはこのように理解のことができて、ハイエンドは張大千の写意画のようなのを表して、粗縫い、それなのに絵はまるで、何(で)も何も描いのでなくて、その境地に着いて、そのためとても高くて、二つはそれでは張大千は描いたの、すでに芸術の方面に上がったのと、そこで売るのがどのくらいすべてまずまず良いです。