日本の中古の贅沢品はどこに買うことができますか?日本の中古の贅沢品のどこのが良いですか?

1、日本の中古の贅沢品:中古店の簡単な紹介
日本の中古の贅沢品の最も多い場所はもちろん中古店で、中古店は実際には中古の商店を指すで、中国語の中のフリーマーケットのようで、中古品の市場で、中古市場、日本の中古店は2種類あって、利を得るのを目的の民間中古商店にするのと、他のは政府福利機関の付設する中古品センターです。、は後者は政府の提唱の環境保護意識は、障碍者の就職の機会、サービスの市民を増加するために建築する大型が交換して地、ここにあって、は普通な市民の家庭から処理してくる家電あるいは家具が、を新しくするのを得てそしてとても安い価格で再度売り出すのです。
2、日本の中古の贅沢品の商店は推薦します:大黒の家
最も有名な日本中古店は「大黒の家」に疑いをはさませないで、1947年に創立して、日本の最大の規模の贅沢品中古店です。店は東京新宿、銀座、大阪、名古屋などの日本のそれぞれの場所を覆って、大部分は日本まで(に)すべてこの橙色の広告看板に会うことができるのに行きます。
大黒の家のすべての商品は外人観光客に対して税収の優遇政策を実行して、その上また(まだ)中国語の店員を配備して、とても友好的です。1つの典型的な総合類中古贅沢品店として、大黒の家の真珠や宝石、時計、かばん、服装は全てあって、最も盛んな良い売れ行きの製品の贅沢品はかばん第1位の48%を占めて、腕時計は47%占めます。