時計を買って何に注意しますか?注意のこの5つの点の基本を表して間違いを買うことはでき(ありえ)ないをの選びます

昨日ちょうどみんなと男を言って一生少なくとも3ブロックリストがあって、スポーツの時計、正装の表は、休んで表すholdが各種の場所に住むことができます。それから友達を表してバックグランドが魏(さん)にでメッセージを残すこの何のブロックリストが欲しいかと言うあって、また(まだ)どうですかのオプションテーブルを知っていなければなりません!だから今日魏(さん)は手を取ってみんなにどのように1モデル選んで自分の腕時計に適合するように教えます。あなたはいくらを使って腕時計を買います

経済的土台は上部構造を決定して、この話景気が良い政治の書物化だが、しかし本当にすべて真理です。だからあなたの選択の腕時計の等級の時力に応じて行わなければならなくて、ひとつのジャガー・ルクルトを買うために毎月qinを使うにお金を返さないでください。それでは一体いくらを使って買っていっしょに比較的適合して、できないでとても気軽にもあなたを過ぎて田舎くさい日を食べることはでき(ありえ)ないです、有名な時計の論説家の朱磊先生は1つの原則に言及しのでことがあります――2ヶ月の月給で1本の時計を買います。

これはたくさん人にとって比較的容易であるべきで、もしもあなたは月給4000の人でしたら、あなたもiPhone8を買うために2ヶ月の給料を使ってしまって、それではまだひとつの米度の腕時計を買って付けるほうがいい更にさわやかです。だからこの原則はサラリーマン階級にとってとても実用的で、日常の生活に影響しないで、またつける者の身分に合いました。あなたはどんなデザインの腕時計が必要です.