山に登って海に入ってできないものはないシチズンが新作の極限の登山をおして表します

近日、シチズンはEco―DriveALTICHRON–CIRRUS旗艦の腕時計を携えて第41期のバーゼル世界の時計の真珠や宝石博覧会に見得を切ます。この腕時計はシチズンの1989年の出すALTICHRON腕時計の専門のスポーツの遺伝子を伝承して、“技術と美しい融合”の製品を受けてその通りにして理念を研究開発してクラシックの上でクラシックを再生して、アウトドアスポーツ愛好者量のからだの製造するまた1モデルの魅力のが行うためシチズンです。

この腕時計は独創性がある美学設計で伝達して勇敢に知らない内在する精神を挑戦して探求します。人を魅惑する3次元の立体の時計の文字盤は人に一目ぼれをさせて、手を挙げるのが時計を読んでもし高山から雲の巻雲を高い所から見下ろす快適で、人に感じて困難と危険をしばしば経験させた後は喜びを征服します。腕時計は体を斜め(横)にして位置して9時に気圧の感応器がその側の押しボタン設計と飛行機のエンジンに似通って、つける者旋回する9日の激情を与えます。上塗りのサファイアのガラスに反射するのを防いで鏡を表す高山の渓流の類のようだ澄みきっていて透明で、浮遊状態のその下のカラーの目盛りとポインターの高低が入り乱れていて、まねて広大な天地の中の多彩な地形のようで、人の無限な思いを引きます。シチズンだけあるチタン合金が殻を表すのはしなやかにかたくて、軽減して手首の間で負担するもことができて、またもしつける者の強靱な意志の類はいかなるに怖がって磨きをかけるのがない。