ジャークの徳羅金は魂の蛇の小針皿の腕時計を彫ってコブラのために司会者を捧げます

派手な材質、写実の装飾、革新する力と違いと技術の結合:ジャークの独ルーマニア(JaquetDroz)は金を利用して魂の蛇の頃の小針皿(PETITEHEURE MINUTE RELIEFSNAKE)の腕時計を彫って、アジアのために神秘性の動物の中の一つのコブラを高く備えて司会者を捧げます。

ジャークの独ルーマニアは再度中国の皇帝の精巧を極めている考えを動かしてと峰の造詣に登って、2013年のバーゼル国際時計展の上でこの代表の力と財産の金が現れて魂の蛇の頃の小針皿の腕時計を彫って、巳年に対して最も完璧なのが献上するのもです。

プラチナで心をこめて時計の文字盤の上のコブラで彫り刻んで、からだの形は柔軟に力強くたくましくて、白色の真珠のバイモの月空中がに跳ねるとからようで、強敵に直面する時膨張する両頬をふくらまして王者の横暴な気質を配って、しなやかなからだの形が更に現すのがよく動いて素早いです。“金が彫る”の技巧は細いのはまた細いのが集中するのが必要で、目下、ジャークの独ルーマニアは再度の一層光彩を放ちを、そして解け合う内にエナメル技術を埋めて、蛇のうろこを作りだして月光の下で弱々しい蛍光の真実な効果が現れています。ないてにほえるため開ける口は1粒含んでいって目のダイヤモンドに光り輝いて、コブラを力、横暴な気質と財産のシンボルにしたたり落ちて現れるように代表します。プラチナは殻を表して272粒の両を象眼して式がひっくり返って米を切断してあけて、腕時計に更に増やすのが豪華にならせます。このモデルは人の心の作品に震撼してただ制限して8つ発行するだけ。