腕時計のメンテナンスはアフターサービスに行かなくてもいいですか?腕時計のメンテナンスは自分でしてもいいですか

1、腕時計のメンテナンス:着用

腕時計のメンテナンスに腕時計を着用しながら他のアクセサリーを着用すると腕時計の表面に傷をつける潜在的なリスクがあります。腕時計として同じ腕に編むか薄い革の腕飾りだけができます。

2、腕時計のメンテナンス:温度

一般的に、腕時計の保養は摂氏60度以上または摂氏0度以下の温度には適していません。温度が高すぎたり、低すぎたりすると、腕時計の中の潤滑剤の正常な運行に影響して、腕時計が故障します。腕時計のメンテナンス中は浴室に腕時計を持ち込まないように注意してください。シャワーによる大量の熱と湿度は腕時計にとって非常に危険です。

3、腕時計のメンテナンス:スポーツ

腕時計のメンテナンス中にロッククライミングやもっとドラマチックな運動に行くなら、あなたのお気に入りの腕時計を絶対に使わないでください。多くの腕時計は一定の衝突抵抗力を持っていますが、高強度と頻繁な衝撃は腕時計に対しても逆転できないダメージを与えます。これも腕時計のメンテナンスの中で、なぜ人々は腕時計が地上に落ちないようにする必要があると何度も強調しました。もしあなたが高強度の活動を避けることができないなら、いつでも腕時計を着用したいです。腕時計のメンテナンスは高価ですが、衝突防止の腕時計を買うことをお勧めします。