クオーツの電池交換には注意が必要です

クオーツの電池交換には注意が必要です。薄型のクオーツの腕時計に対して、電池の選び方は特に慎重で、このタイプの腕時計のムーブメントも同様にとても薄いので、電池はスプリングとねじで固定するのであれば、厚い電池を使うことができません。

不当な厚さの電池を使ってスイスの腕時計の故障を起こした事例があります。

カルティエの腕時計があります。元々はSR 616の電池を使っていましたが、その結果SR 621を使って、厚さが0.5ミリ増えました。その腕時計は薄いです。つまり、ケース内の空間の高さが小さいです。腕時計を締めると、電池が表の後ろの蓋の内側に触れて、シャーシの下の部品に無理な隙間がないようになりました。カレンダー盤を早く調整することもできません。針を回す感じがとてもきつくて、何回も繰り返しています。悲しいことに、横輪の歯も折れてしまいました。

クオーツ腕時計の電池交換は簡単な問題です。石英の腕時計の電池は100種類の規格あるいは型番がないため、大きい何十種類がもあって、大きくて小さくて、薄くて厚いのがもあって、普通は店の平常の型番を修理していずれもあって、あまり使わないのはないかも知れなくて、特にあれらの小さすぎて薄いですかます比較的に大きくて厚いです。

酸化銀電池の国際モデルは実際に電池の外形の幾何学サイズを表しています。例えば、SR 626は直径が6ミリを超えていますが、厚さは2.6ミリです。他のタイプは全部次の類推です。高価なクオーツの腕時計は、通常、腕時計の後ろカバーやシャーシ電池のチャックの近くに、その気心で使う電池の規格を示しています。

厚い電池の容量は薄い電池より大きいです。これは電池の交換周期を延長するのにいいです。規定の薄い電池を使うなら、電池のクラリネットが電池に引っかからないようにします。電池の上で弾をかけたり、マイナスのリードを外したり、虚に触れたりします。必要な時は電池に金属箔を敷いたり、「グリーンゴム」で押さえつけたりします。

表を修理するには特に注意が必要で、いいかげんに間に合わせてはいけません。北京の田舎言葉に「耳でゴマ炒め」というのがあります。私をごまかすと、規定通りに仕事をしないと、間違いが発生する可能性があると説明しています。うっかりすると、万事に問題が多いです。腕時計の電池はできるだけ決まった型番に変えなければなりません。