腕時計の水が入った後の3大処理方法

腕時計が水に入ったらどうしますか?今日は腕時計の水が入った後の3つの簡単な処理方法を紹介します。

方法一、腕時計は水にぬれた後、何層かのトイレットペーパーや吸湿しやすい綿布で表をしっかりと包み、40ワットの電球の近くの約15センチのところに置いて、約30分間焼くと、表の中の水蒸気で水気ができます。腕時計の表面を火に近づけて直接焼くのは禁物です。

方法の2、表を内、底の殻に覆って外に向けて、反対に腕の上でかぶせて、2時間後に水気はすぐ取り除くことができます。水がひどいなら、すぐに表店に送って油を拭いて、ムーブメントの水分を取り除いて、部品のサビがないようにします。

方法三、粒状のシリコンゴムを使って、積水した腕時計と一緒に密閉した容器に入れて、数時間後に腕時計を取り出して、積水は全部消えます。この方法は簡単経済で、表の精度と寿命に対しては何の損害もありません。何度も吸水したシリカゲルは、120℃で数時間乾燥し、吸水能力は再生でき、また何度も繰り返し使用できます。