クオーツ腕時計の電池の寿命はどうやって延長しますか?

石英腕時計の電池の寿命を延ばすにはどうすればいいですか?実は、クオーツ腕時計の電池寿命は主に2つの要素に依存しています。(1)電池の容量、(2)腕時計のムーブメント回路の消費電力。電池の容量が大きいほど、電気回路の消費電力が小さいほど、電池の寿命が長くなります。

腕時計の電池の容量の単位はミリアンペア時間(maH)で表して、電池の体積の大きさによって、普通の酸化銀の電池の容量は何ミリアンペアの時から数十ミリアンペアの時の間で、体積が大きいほど容量も大きいです。腕時計の回路の電力消費はすべて小さくて安定している級ので、現在のICの電気回路のレベルは1つの小さい安定ぐらいをやり遂げることができます。理論的に計算すると、電池の寿命は電池の容量を電気回路で割ったものと同じです。

腕時計用の最も通行する電池は酸化銀電池で、体積が小さく、容量が大きく、放電が安定するという特徴があります。つまり、酸化銀電池は普通の乾電池のように電圧がどんどん下がるわけではありません。酸化銀の電池の型番の規格はとても多くて、数十種類があるでしょう。その中で日本製のものがよく見られます。ブランドは松下、ソニー、万勝、セイコーなどがあります。スイス製のものは「RENATA」といいます。電池は全部独立して包装しています。

使う状況から見ると、RENATAの電池は高くて、外観も比較的に精緻ですが、電池の密封性能はまだ日本のものに及ばないようです。アルカリ登りの現象が発生しました。すべてのスイス産の石英時計はRENATAを使っています。日本製の電池は精工ブランドのものが一番いいです。同じ規格の電池でも、メーカーによってバッテリーの容量が違います。中には酸化銀電池に関する指標表があります。電池の電圧、サイズ、容量などの詳細データがあります。

今のクオーツの腕時計の回路はすべて脈拍が広くなるので、電気回路の電力消費の回路の脈幅の出力は直接関係があって、脈拍の幅が大きいほど電力消費量も大きくなります。通常腕時計はカレンダーを交換する時や垂直位置に置く時、回路はステッピングモーターのパルス出力に大きくなります。