腕時計の磁気を防ぐ標準、磁気を防ぐ試験方法

機械式ウォッチ:いっぱいな条が1時間運行した後に、腕時計CH位置の瞬時の日照時間の違いをテストして、少なくとも1分時間をテストします。

クォーツ・ウォッチ:テストする前に少なくとも2時間運行して、腕時計CHあるいはFH位置の瞬時の日照時間の違いをテストします。

2.試験に磁気を帯びます

①機械式ウォッチはCH位置、クォーツ・ウォッチでCHあるいはFH位置で置いて試験測定器の時計で支えます。

②は下記の3つの方向の順序によってそれぞれ磁場を足して取り除いて、すべての方向は1分磁気を帯びて、期間腕時計の運行状況を観察します。

1つ目の方向:磁パネライコピー場が盤面を表すに平行して、方向は3時→9時です;

2つ目の方向:磁場が盤面を表すに平行して、方向は6時→12時です;

3つ目の方向:磁場の垂直は盤面を表す。

(:“3つの方向”を付けて3つの独立する状態;“その上磁場”の指“ために器具を開いて、磁場強さが達して要求”を定めるのを検査します;“磁場を取り除く”指す“次第に磁場強さが至って器具を閉めるのを減らす”。)