何は磁気を防いで地震に備えて性能の標準が”余剰の効果”を使うのです

マジックハンドの表裏のチップはすべて鋼のです。もしも腕時計は磁石の近くに置いて、鋼のチップは磁気を帯びます。特に空中に垂れる糸になって磁気を帯びた後に、表してすぐ停止していくことができません。そのため、腕時計

上っ張りが磁力を防御することができるのが必要で、磁場にきわめて越えなくならせる物質。

米国規格の中で、磁気を防いで地震に備えて性能の標準は”余剰の効果”を使って表しに来たので、余剰の効果が指すの測定するの前に腕時計の瞬時に日照時間の違いがと測定した後に腕時計の瞬時の日照時間の違いの差。
地震に備えます:レプリカ時計腕時計が1メートルが高いから偶然レベルの堅木の表面につまずく時、石英の時計の余剰の効果は2秒を上回らないで、機械的な表す余剰の効果は60秒を上回りません。
磁気を防ぎます:腕時計が偶然強さがあるのが4800A/mの磁場の中でなる時、石英の時計の余剰の効果は1.5秒を上回らないで、機械的な男性は(チップの面積が314平方のミリメートルより大きい)余剰の効果を表しますいいえ

30秒を上回って、機械の女性は余剰の効果を表して45秒を上回りません。