バーゼル時計展で自動機械腕時計を発売

2004年のBasel時計展では、Zeno – WatCHは、大きな表面の「大三針自動腕時計」と「自動カウントダウン」の2つの新金時計を発売する。今回の新金には、小さな牛の皮の表帯、ステンレスの表殻、サファイア水晶の鏡面及び透視表の背を備えており、内部の機械構造の精巧な設計とコアの動作が明らかにできる。特殊な双表冠のデザインは、左側の第2表冠を使用することができます。

大表面として有名で、日本の若者たちを風靡したスイスの名表Zeno – WatCH Baselは、復古と流行の特殊なデザインを兼ね備えており、若いと活力色を表現した。サラリーマンに愛されているだけでなく、アウトドアにも最適な選択であり、性と実用性の高い腕時計です。Zeno- WatCH Baselの全シリーズは、百禄回避器を加え、抗磁気、防水などの性能を備えており、同級の機軸を使った表金の中には、価格が安い中低価格表は、低価格では高品質である。

バーゼル時計展で自動機械腕時計を発売

大三針自動腕時計:623 RDおよび623 BK

採用することによって、3時の位置に日付が表示されます。この腕時計は赤6282 RD、黒623 BKの2色が選択できます。そして赤、黒の2色の小さい牛の皮のベルトがあります。

バーゼル時計展で自動機械腕時計を発売

自動カウントダウン表623 TVD BK

6239カウントダウンシリーズは、7750シリーズの自動ブレスレットを採用している。この腕時計は、中央読秒器のほか、6時位置に12時間タイマーが設けられ、9時には60秒タイマーが設けられ、12時には30分のタイマーが設置されている。3時には、月曜日と日付を表示する視窓があります。