腕時計の精度の調整

腕時計の分解、組み立てに注意すれば、時計をひっくり返さないと信じられないあなた。しかし、腕時計の組み立てが終わったら

すべてOKのように見えますが、実は一番面倒な問題が相次いでいます。時間に遅れていることに気づきました。一つずつ始めます。

この中には技術的な問題だけでなく、もっと重要な問題があります。

経験ですので、一つ一つを列挙して画像と視覚化することはできませんので、興味のある方は「心」を持ってください。

しかし、まだ運転の正確性に影響を与える問題や排除方法を提案しています。

疑惑をいだく。
腕時計の正確さを知るには、専門のテスト機でテストするのが一番いいです。

一般的なテストは、上、下、3時の3方向がそれぞれゼンマイ、上の部分がゼンマイ及び上のゼンマイの形になっています。

状態で9回のテストをして、すべてのデータの平均値を参考にして判断を行います。(データ左上は「毎日誤差値」です。

⑩標準は+10/-10、中間は「中心値」、誤差は+5/-5、右は「振幅」で振動数が少ない

同じではなく、周波数28,800回/時間ならば、振幅は270以上でなければ基準となりません。

すなわち「振周波数」によると、余计な数字は腕时计と直接関连していないので、ここでは言うまでもなく)、スクリーンのテストラインは平らであるべきです。

時計に問題があるということを表しています。さらに問題をつかんで排除しなければなりません。