皮ベルト簡易メンテナンス法3 S原則

バンドメンテナンス4ステップ。まず小さいブラシで石鹸水を少しつけて、汚れを素早くきれいに洗います。

次に水でさっと洗い、その後乾いた布で乾かし、最後に皮油を塗るだけでいいです。

裏面には一切の保養剤を使用しないことを提案します。

3 S原則とは、皮質に適合した洗剤、柔軟なウェット布、高速(Soon)を使うことです。

自然の乾燥。普段はできるだけバンドと水の接触を避け、濡れてしまったら、できるだけ乾かしてから着用するようにしてください。

においがしないようにします。寝る時は時計のバンドを風通しのいいところに置いて、皮質細胞に呼吸を広げてください。

バンドの硬化度が高く、曲りやすい形状が現れます。この時には、皮を傷つけないように、反折しないでください。

また、時計のほこりはきれいな布で水を少しつけて拭いてから風を通すところに置いて自然乾燥すればいいです。
一般的な皮革油は皮のバンドで保養することができます。

もしベルトを長くかけたら、汗の臭いがひどいです。ブラシで石けん水を少しつけて、素早く汚れたところをつけてください。

きれいに洗って、それから清水で素早くきれいに洗って、乾いた布で乾かして、最後に皮の油を塗ったらいいです。

敏感者は、裏面にいかなる油剤を使わないことを提案します。全体の洗浄過程は10秒から20秒以内に完成したほうがいいです。

石けんの浸透を避けるために皮質に影響を与える。ベルト時計のメンテナンスはなかなか難しい仕事ではありません。

少し関心を持つと、「長生き」ということができます。