全自動機械表はどうやってメンテナンスしますか

今は自動式の機械を使うのが好きな人が増えています。時計をかけるだけでは足りないです。腕時計のメンテナンスについても知っておきたいです。腕時計の家では、全自動のマシンウォッチのメンテナンス方法を紹介します。

1、正常に着用し、振動を避けるために適切な活動量があれば、上条を持続させ、正常に運行させることができる(着用者の活動量が小さい場合、歩く時はやや遅くなる可能性があり、これは正常現象である。初めて使う時はグリップを20~30回回して、ゼンマイを最初に巻くようにしてください)、腕時計は衝撃を防いでいますが、外界の衝撃力が強い時は、スイングの先端やホイールシャフトの首が折れやすくなり、また、速い針の振動が走る時に影響します。

2、磁気防止腕時計は磁化しにくい非磁性材料を使用して作られましたが、テレビやラジオのスピーカーのそば、バックパックやカバンの磁気ボタンなど、歩く時は磁場の影響が大きいです。

3、腕時計の防水はできるだけ腕時計を持って泳がないでください。洗濯します。雨が降って濡れたり水に濡れたりしたら、この時に時計を抜いて調整してください。すぐに拭いてください。表の頭が突き出ているので、できるだけぶつけないようにします。また、頭とケースの隙間に注意してください。小さすぎると操作に影響します。大会を過ぎると防水性能に影響します。

4、腕時計の洗浄は全体的に3~5年のオイル洗浄で、①腕時計のシール問題②腕時計の着用度合い(磨耗程度)③石英腕時計はオイルサイクルを延長することができます④男用時計または懐中時計は薄型または女用ウォッチのオイル洗浄サイクルが長いです。

5長期にわたり腕時計を使わないのは樟脳丸があって、衛生的なボールのポケットの中に置かないで、表の油を変質させて、時計が歩く時は正確ではありません間隔は毎月ねじを巻くかます身につけて、内部の活動が柔軟なことを保証します。