ルイ・ヴィトン腕時計のメンテナンス方法

ルイ・ヴィトンは150年来ずっと精致で、品质、快适な“旅行哲学”をあがめ尊ぶことを、设计の出発の基础として抜群の品质、杰出なアイデアと完璧な工芸でファッション旅行の芸术のシンボルになります。また、ルイ・ヴィトンの腕時計もお洒落な人たちのお気に入りですが、腕時計はひたすら身につけてはいけません。お手入れも大事です。ルイ・ヴィトンの腕時計のメンテナンス方法をご紹介します。

一、腕時計をはめる時、手の汗は腕の殻に腐食性があります。全鋼のケースはニッケルクロム合金ですから、耐食性がいいです。半鋼のケースは銅で、長期にわたり汗と接触して、腐食しやすいです。柔らかい布で汗を拭いたり、プラスチックのシートを敷いたりして、汗による浸食を防ぐべきです。

二、むやみに表の後ろカバーを開けないでください。ほこりがムーブメントの中に入って、腕時計の正常な仕事に影響しないようにします。

三、腕時計を樟脳丸のあるたんすに置かないでください。油が変質しないように。

四、腕時計をラジオやテレビに置かないでください。

五、長期的に使わない腕時計を保管して、毎月定期的にねじを巻くべきで、部品を長期にわたって静止状態にしないようにして、表機の運行性能を保証します。