ジュネーヴのSHH展示会の新商品の急速な理解

年に一度のSHHの展示会がスイスのジュネーヴで始まった(1.16- 1.20)、SHH展示会は表迷たちの披露宴であり、スイスの腕時計展示会に詳しい人は、「進巴展易、進日展は難しい」という言葉を知っていた。ここの「巴展」はバーゼルの世界時計展、「日展」はジュネーヴのSHHである。これに対しては、ホワイトセール展示会の喧騒はないが、出展したメーカーはみんな招待されているメーカーが一般的に20軒ほどしかないので、お客さんが楽しんでいるのは、全行程の辛抱強く解説しています。のハイエンドイメージが心に入る。
今日の皆様にお届けするのが、SHH展示会で注目を集めている新商品ですが、腕時計メーカーが新たな1年から発売された新商品や主力商品をご覧になっております。今年はSHH展に参加しているのは18ブランドだけで、私たちはIWC万国、カルティエ、愛人、積家、江詩丹トン、ローゼナール、伯爵、ヒノキ、万宝龍、その他のブランドがあります。

最新商品を発表しました。
SHHの展示会では様々な新商品が登場しており、私たちが期待しているような陶磁器、バラ金、ローナ海特有の茶色のベルトが来たように、簡単に読みやすくなった表盤、先進的な内部機関の構造が、今回のローナル海の新製品の特徴になっている。より良い賛辞。