グラデーションの魅力を実写化したバンダイRef.726/1 A-014 Nautilusシリーズカレンダー

1996年に、百達翡翠はカレンダーの構造を発明して、特許を登録して、そして初のカレンダーのRef.5035を出して、この腕時計はその年スイスの年度の最優秀腕時計を光栄にも獲得して、カレンダー表の論争がない定義者になります。2019年バーゼル表展では、バンダイがRef.726/1 A-014 Nautilusシリーズのブルーグラデーションカレンダーを発売し、Nautilusシリーズに新たなスタイルを付与しました。

ステンレス製のケースには直径40.5ミリ、厚さ11.3ミリ、八辺のリングとケース構造のモチーフが使われています。回転式の表冠を備え、バックライト設計を採用し、防水深さは120メートルである。

文字盤は水平横紋のレリーフ模様と青から黒にグラデーションをかけた絶妙なデザインがあり、蛍光コーティングを施したプラチナバートン式の針と立体時の表示時間と分を表示し、繊細な中心の大秒針を組み合わせる。