自分に合った腕時計はどう選ぶべきですか?

腕時計は最初のシンプルなタイムツールから今までの身分、気質、センスを表現したアクセサリーです。人にとって、特に男性は重要です。自分に合う腕時計を選ぶのも同じです。どうやって選ぶべきですか?

自分に合った腕時計はどう選ぶべきですか?

性能指標を把握する

専門店に入るには、まず腕時計の基本性能を把握する必要があります。実は、それらに精通できれば、腕時計の専門家になれると思います。

防水性:防水時計の出現はある程度悲劇を減らしました。しかし、私達ははっきりしていなければなりません。腕時計によって防水性能が違います。水泳やシャワーの時に、着脱表を使いたいですか?いいです。腕時計に防水性能が100 m以上と表記されています。

クオーツウォッチ:クオーツメーターは電池の電気供給とクオーツのウォブリングによって校正しています。他のどのような形の腕時計よりも正確に計時され、価値がよりはっきりしています。

機能性:優秀な腕時計は基本的な時報機能を備えているだけでなく、カレンダー機能、ストップウォッチタイマーなど、より実用的な機能を持っています。

機動性:自分が買った腕時計は部品、針の動きが悪いという問題がありますか?

自動上弦:多くの夜、私達は頭を逆にして寝て、夜中にまた夢の中から目を覚まします。腕時計に弦をかけるのを忘れました。安心してください。自動巻きの腕時計は後顧の憂いがなくなります。