カシオの腕時計の100メートルは水系を防いでまちがって誘導します

新しく買うカシオの腕時計は1ヶ月の時間使って、腕時計の中で霧が現れて、カシオの製品の説明書の中で紹介して“100米の防水”のことができると言います。広東の消費者の梁先生がカシオの関連を質疑してまちがって誘導する消費者の疑いがありを宣伝して、カシオの方面は消費者にまず測定するように求めて、検測の結果が出てきた後にまた定説をします。

消費者の梁先生は自ら述べます:

私はちょうどカシオの手の1ヶ月の時間を買って、腕時計の中で少し霧を発見して、初めは何日(か)が自動的に消えてなくなったと思って、また何日(か)を使うことができて、霧はゆっくりと増えて、もとの霧から小さい水のしずくになりました。私が腕時計を買いを覚えている時、販売員は1百メートルの防水のを私に言います。私はふだんすべてすこし手を洗って、まさかこれはいわゆる100Mが水を防ぐですか?

仕方がなくて、見て局アドレスを補修して、持って行って修理して、見てみるのはどこに問題を出すのです。私が(広東)宜進利を持って行く時計算して(深セン)有限会社補修して、あの先生は私に言って、腕時計が水が入るのは普通なのがひどくなくてではなくて、腕時計の話を修理して10元受け取って、メェメェ方法、承諾したのでさえすれ(あれ)ば。私を受けて彼にどうしてそんなに多い水がある中に入りを聞いて、補修したのは私に防水性を少し測定するように手伝うと言って、何分の後で、検測の結果は防水性が問題ないので、それは私は問題ないをの聞いて、どうそんなに多い水に入るですか?彼はこの腕時計の日常のことしかできない生活が水を防ぐと言って、明らかに100M防水、なぜ今また“日常の防水”になりますか?受けてこの腕時計が蛇口で直接水で洗い流すことはできないと言います。私がふだん蛇口で直接腕時計を水で洗い流すそうで、あるいは腕時計をつけていて入浴して、水泳のなど、すべて駄目です。

私はわからないで、明らかに100M防水、なぜ今日常生活になって水を防ぎますか?それに腕時計はすぐ2ヶ月買って、修理保証期間はまた過ぎていないで、なぜ私の10元の修理維持費を受け取りますか?一体私が偽者腕時計の品質を買ってやはり(それとも)問題があるのですか?いわゆる100Mは水を防いで生活する防水のようですか?中国消費者報(ミニブログ)が私に正義を司会するのをあげるのを待ち望みます。