中国通霊宝石は世界最大のダイヤモンド貿易商、欧陸の星から1.5億元の投資を得ました

世界最大のダイヤモンド生産貿易商である欧陸の星(Eurostar Diamond Traders)はこのほど、中国の宝石商通霊宝石株式会社(以下「通霊宝石」という)と合意し、後者に1.5億元の増資を行うと発表しました。この戦略投資後、欧州陸の星とその関聯機構は全部で15%の株式を持つことになりました。通霊宝石総裁の沈東軍は記者団に対し、欧陸の星から増資された通霊宝石を獲得する計画が最終的に準備されていると述べました。

増資に加えて、欧陸の星は「青い炎」のダイヤモンドカットの特許を完全に通霊宝石に渡しました。これは中国のジュエリー企業が初めて全世界トップのダイヤモンド切断特許を持ったのです。通霊宝石は6年前からベルギーに本社を置く欧陸の星と提携を開始しました。後者は国際ダイヤモンド大手デビアスの世界最大の見もの商の一つで、カルティエ、ティファニー、通霊宝石などのブランドの主要なサプライヤーです。世界で10個のカット・研磨基地を持ち、年間売上高は10億ドルを超え、世界市場の8.3%を占めています。

現在、通霊宝石は北京、上海など全国20の省市にあり、300近くの専門店、専門店を開設しています。沈東軍によると、ここ数年の通霊売上と利益の伸びは急速で、2011年の売上高は12.5億元に達した。

通気だけではなく、実際には、いくつかの大手ジュエリー企業の2011年度の業績は、全体的にレッド、例えば周大福の年間収入は565.7億香港元に達し、前年同期比61.4%増の63.4億香港元で、前年同期比79.2%増の営業総収入は211.26億香港元で、47.57%増となった。しかし、今年に入ってからは経済の成長速度が鈍り、ジュエリー市場も大きな影響を受けています。データによると、今年の中国のジュエリー支出の伸び率は2011年の40%を超えて10%をやや上回った。