一番買いたい時計は、もう少しで買えるところだった

26歳の職場人、200 – 3000価格、ティソ(全10割引、最低1950元)と精工(全10割引、最低1200元)は目を閉じて選ぶことができ、あまりにも衝突したくないのはヘルリン(全9割、最低230元)とディウォー(全7.9割引、最低1420元)顔の好性価格が高い。

2000以下の美しい女性の時計、DWはあまりにも選べる、あまりにも網が赤くなったと思うし、アマニ(全10割引、最低1790元)、CK(満場10割引、最低1400元)といったファッションブランドも美しい。

1万人ぐらいの男性の腕時計、波の音(全10割引、最低6300元)、美度(満場10割引、最低2800元)、愛宝の時(全9割、最低370元)、万宝龍(全10割引、最低7400元)、ハミルトン、豪利時(全10割引、最低11000元)……。多すぎます

こんなに多くの選択はここで、どうしてあなたはまだ選ばれないのですか?

時計は何ですか。あなたの生活様式、審美、価値観。

悩んでいるのは、予算は審美に及ばない。貧困はあなたの想像力を制限しません。