ハバナに迷う?レイトンが本物をつけた時にキューバに遊びに行きます

13000キロ以外のハバナでは、クラシック車、シガー、カラーハウス、ビーチ、チェゲバラ、ヘミングウェイ、ラム酒として人々を魅了しています。ベテランの葉巻ファン「小雷家書記」が名表をつけてキューバを訪れ、南米の熱土に属する港の美しい風景を体験した。「雷書記」の楊炯に従って、自由にハバナの古い町を回って、一緒に分秒の流れの中でキューバの漫漫な時間を鑑賞しましょう。

「雷書記」の放浪午後

キューバのネット利用の制限のため、シガー工場に歩いて行く「東宝書記」は地図を頼りに方向を探すしかないです。携帯の束缚がなくて、かえって彼に更に真実に周囲のすべてを感じさせます。旧市街の独特な趣に酔いしれ、「雷書記」が気を取り戻した時、自分はどこにいるのか見つけられなくなりました。それでも地図の役割はガイドにすぎず、目の前に錯綜した建物や単純で情熱的なキューバの笑顔が愛着を深めている。

楊炯が本物の力を身につけている時パイロットシリーズType 20 Cohiba Madoro 5号ローズゴールド特別版腕時計です。

(全世界限定50個のモデル:18.2430.679/27.C 721)

うっとりするお城の物語

どの都市も物語の本ですが、ハバナはラテンアメリカの幻想的な現実主義の気質モデルと言えます。もう迷ってしまいました。よく体験してみてください。湖の緑、姜黄と鮮やかな赤色、きらびやかな色彩とまだらな壁面が互いに引き立て合って趣があります。誠実な笑顔と気前のいい「HOLA」と言えば、街角のハバナ人の雑談に参加して、幻想と真実を語り合うことができます。