腕時計もお医者さんに何を教えてくれるか教えてください

中国の消費者は腕時計の認識に対して単純な「持っている」から、「鑑賞」の特有の品位と物語に至るまで、「投資と収集」の埋蔵されたブランド価値に至るまで、このような浅い認識の道も、腕時計の保養と保護の知識を求めている。この期間中の豪奢な授業は、お客様のお客様をご紹介します。

腕時計愛好家に対しても、深い蔵家であっても、好きな腕時計を探すのは容易なことではありません。だから、腕時計を大切にして、いつでも最良の状況があるかどうかを確認してください。私たちは毎年体の検査をして自分の体の状況を知ることができるかもしれません。同じように、好きな腕時計に、あなたもその状況について手をつけているのではないでしょうか。

腕時計は、実は人体と同じように、多くの見られた知らせがあります。ブロードキャストチームは、動力、正確、外観、習慣の4つの向きを提案し、いくつかの大きな原則とステップを急いで、家でも愛表として基礎の「検診」を行うことを提案します。「治療に勝る」という常談だが、不必要な悩みや負担が省ける。