歴代の高富帥と時計の間で起こったことを訴える

人々は清の時代に自守政策に迷い込まれるかもしれない――中国はずっと西洋文明を排斥してきたのかもしれない。しかし、私たちが歴史に帰還すれば、西洋文明が中国の表門を打ち上げるとき、歴代の帝皇帝が西洋の文化を真っ先に接する先鋒として、古い中華文明と新しい西洋文明の衝突が始まった。現在の中奢網は、帝皇と時計を語る物語である。
故宮時計館で展示されている乾隆蔵表

西暦1602年、明の万暦皇帝の北京御所に特別な客が迎えられた。彼はイタリアの宣教師リマティである。リスは皇帝に会った時、2人の顔を持ってきた。万暦帝は見たが、狂喜してやまない。

道理で言って、この皇帝は何も見たことがないことがあって、どんな宝があっても遊んだことがないことがあって、皇居の中で金銀玉器、翡翠のマーナウの真珠は多くて来ないで、しかしこの皇帝はどうして独りで2人の自鳴の時計に対してこんなに深く愛しますか?この点に精通して、皇帝の宝物はすべて会ったことがあることを知っていて、献上して、必ず希少なものを献上して、側は皇帝の人気を博することができます。

大清王朝が成立した後、皇室は時計の興味を増減した。その時の外国人は、その点を見て時計の上で頭を動かしていた。日月星、車馬の人物、花鳥虫魚が装飾をしていた。

しかしすごいのは、日月星を発条を通して闘って星に変えて、車を動かして、人物が生きてきて、花が咲いて、鳥が鳴き始めるのです。こんな奇抜な格好で、皇帝がどうすればいいのか。