腕時計を買って何を見ますか?腕時計を買うにはどのような点に注意しなければなりませんか?

よく言われているように、貧しい車を遊んでいるということは、一定の道理があります。でも、私たちは腕時計を買う時、どの方面を見ますか?下の腕時計の家で教えてあげます。

ブランド、産地

ある意味、ブランドより産地が重要です。たとえば、インドのあるブランドの広告がどんなによくても、多くの人が興味を持つことはないと思います。逆に、本物のドイツ製の時計を紹介しなくてもいいです。実物を手に取ってもらえば、すぐに値打ちがあると思います。もちろん一番価値のある産地はスイスです。他の国にも腕時計ブランドがありますが、スイスとは抵抗できません。

ブランドのランキングはネット上で多く、大同小異は江詩丹顿、百達翡翠、積家、宝玉などのトップクラスにすぎません。ロレックス、katia、沛納海、オメガ、万国の次に、帝舵、浪琴、豪雅、レーダーが再び、ハミルトン、美度、ティソ、精工、西鉄城などです。

材質

これは言うまでもなく、見ればわかる。ダイヤモンド、プラチナ、ゴールドなどを表に載せると、当然価格が上がります。注意したいのは、鏡の材質で、一般的にはサファイアと鉱物ガラスで、以前はプラスチックの材質がありました。今はもう珍しいです。サファイアは鉱物ガラスよりいいですが、実際にはあまり違っていないような気がします。

ムーブメント

一般的には、スイスの時計はすべてETAのムーブメントで、スウィッチグループのすべてのマシンウォッチはほとんどETAの生産です。ETAもスウィッチグループの一部ですので、ムーブメントを専門に製造しています。最も一般的な2824-2は天下を包含しており、数千~数万の表裏が見られます。しかし、注意が必要なのは、同じ2824です。後期研磨と再加工によって価値が違ってきます。