海外で腕時計を買うとどんなリスクがありますか?

貴重な腕時計は海外で買っています。(特にヨーロッパ)国内よりずっと安いので、多くの時計友達が海外で時計を買います。しかし、ほとんどの人は海外で時計を買うというメリットだけを見ていますが、海外で腕時計を買うというリスクに気づかないです。腕時計の家に紹介させます。

潜在リスク一:真偽のほどは分かりにくい。

ここで検討しているのは夜店で粗悪な低級な模造品を作っているわけではありません。このような偽表はちょっと経験のある購入者の多くは真偽を簡単に見分けることができます。

本当にだまされやすいのは、半端な改造表で、うっかりだまされてしまうものです。この種の模造表には迷いが強いのは、それらの芯やケースが本物から来ているからです。例えばロレックスのCal.335のムーブメントを改造して、その上に周のモジュールを加えて、更に1つの精良な高模仿のケースを作ることに组み合わせて、普通の日志の型は身の価格の数倍の周间のカレンダー型になりました。もっと簡単ですが、同じような暴利の偽造方法もあります。元のベルトの金の時計のベルトを外して、高品まねのKゴールドのベルトに換えて、小売価格も変わってきました。元の数千元のダミーバンドはすぐに数万元の高値を売ります。これ以外にも、後にダイヤモンドを象眼したり、時計の文字盤を交換したりといった偽造は防げます。

それ以外に、一部の不良メーカーはお客様の返品或いは低価格で買い付けた中古の腕時計を、より良いものを選んで磨き直して、新しい表にして販売しています。物語の中の賈さんが出会ったのはこの状況です。新しい時計の値段で中古の時計を買いました。

もちろん、どの国にもこれらの不法行為を処罰する法律法規があります。ですから、不良商人にとっては、自国のお客さんよりも、問題を発見しても遠く離れている外国人観光客が、最も理想的な詐欺の対象となります。もし彼らがガイドさんと結託したら、さらに無防備になります。かわいそうな消費者は帰国して騙されたことに気づいても、遠路はるばる海外に戻って賠償を求めることはできません。