CasioカシオBaby―gはどのように時間を加減します

CasioカシオBaby―gはどのように時間を加減しますか?カシオbaby―g組が現すのは普通は調節するmodeプッシュ・ボタンを押すで、循環は押して、スクリーンに至ってH―SET字形が現れた後に、それから長くadjustプッシュ・ボタンを押して、HSETはきらめいて時間になって、今forwardを押して、順時計方向はポインターを調整することができます。

時間(ストップ・ウオッチが1秒1秒行っている)を表示する時長く左上の押しボタンを押して、鳴いて音のスクリーンよけたり,よけたりしたことを耳にした後に、右の方を押しながらの2押しボタン+/―調子、、左下の押しボタンが機能を切り替える、うまく調節する後でによって左上の押しボタンを押してを確認します。

CasioカシオBaby―gはどのように時間を加減しますか?

A(左上)B(右上)

C(左下)D(右下)

時間の方法を調整します

TM正常だ時間単位の計算モデルの中

1.長くA鍵盤によってスクリーンまで(に)きらめきます

2.C鍵盤が切り替えて調節するオプションが別れるのがが必要な時分秒の年月日のサマー・タイムのスイッチの都市のコードの12によって;24時間つくります

3.Bを押して、D鍵盤は加減して調節します

4.調整は終わってA鍵盤によって退出を確認します

目覚まし時計の簡略した書き方はALMです

1.C鍵盤によってALMまで(に)切り替えます(目覚まし時計)

2.B鍵盤によってスイッチの目覚まし時計(onがoffを始めるのが関だ)を加減するのもあるいはA鍵盤の腕時計の型番が不一致法に基づくのが一様でないです

3.目覚まし時計の話を加減したくて、Aが2秒に明滅した後に(この時に自動的に目覚まし時計を開く)によって、B/Dは目覚まし時計時間を加減したので、うまく調節してA2の下でによって終わって、Dは目覚まし時計モデルの(5種がある)を加減するのです。