もうユーザーを重視して体験しありませんか?ミラノの腕時計のバンドは手をはさんでおじけづいて、アップルの腕時計はまた(まだ)大胆に使います!

先にベルトを言いに来ます。今私達の最も常に会ったベルトはワニのサメ皮と牛革2種類です。最も常用するワニのサメ皮はAlligatorで、また短いキッスのワニを言って、多産はアメリカミシシッピ川流域から、皮質が旺盛で、模様が華麗です。

今野生動物の稀少さ性のため、すでにもう一緒に猟に行って野生のワニ来製作ワニの皮バンドを殺しありませんでした。その他に野生ワニの天性が凶暴残虐なため、殺し合いが好きで取っ組み合って、普通なその皮質はすべて完全に損失を受けないがの保証しがたいです。だから今の腕時計のベルトの使ったワニのサメ皮、大部分が人工の繁殖するワニでからとります。

天然のワニの皮バンドの上に明らかな竹の節の紋様の痕跡があって、腕時計のバンドの末節はまた(まだ)分布が一定しない丸い紋様があって、これは表を作成する商達ため腕時計のバンドを作ってただワニの腹部の皮だけを採用して、横方向の分割する方法でただ腹部の一部分だけを切り取って、この部分の皮質はワニの体の最も柔軟な部分で、製造する腕時計のバンドがつけ始めるのは最も心地良くて、これもちょうどどうしてワニの皮バンドのこのように高価な原因です。

大部分のワニの皮バンドの幅はすべて20mmより大きいことはでき(ありえ)なくて、切り取りにくくて着いてこの幅の竹の節の紋様の皮に合うため、20mmがまた(まだ)ワニのサメ皮の腕時計のバンドを使うのより大きくて、明らかに腕時計のバンドの中間が1条の横方向のしわがありを見ることができて、その上このようなベルトの普通な端は円の紋様が見えないで、すべて竹の節の紋様の跡を覆って、勿論で、このようなベルトの製作費も持ちより丸い紋様のは多く高を要します。