ゲーラソティパイロットの世界では腕時計が再び経典表を創造した

1920年代の飛行は啓蒙の段階である。ヨーロッパや世界各国が、革命的な交通手段の変革の重要性を意識している。飛行機は世界を小さくし、以前の不可能を可能にする。発明家と先駆者は、科学技術の限界を試し、探索と商業用途に応用したい。科学技術と機器の設備機能の限りがあるため、当時のパイロットはまた技術師、ナビゲーター、カメラマンを兼ね備えなければならない。また、自分が地図を描いて飛行ルートを記録する必要がある。その時のパイロットは不順な探検家だったといえる。

時計は当時のパイロットの最も重要な道具の一つである。パイロットのためにデザインされた腕時計の主な条件は、その大きさで、重厚な飛行ジャケットのほかにつけなければならない。第二に、高い判断性があり、昼夜を問わず読みやすい。もちろん歩くときの精度も大切です。

パイロットシリーズの世界では腕時計を通して、ゲーラソディは歌えるような探検家たちや冒険精神に敬意を表した。パイロットシリーズの世界では腕時計の外形は、20世紀の復古シリーズの他の時計のスタイルと一致している。表殻の上には、世界の都市名の円環が回転することができる。サイズの特大の時に理想的な判断性を提供しており、ゲーラソディの自慢の大カレンダー視窓は6時方向に位置している。