アンク・ラインAnne Klein腕時計

アメリカの有名なファッションデザイナーのアン・クラインはヨーロッパのファッション発表会を見たことがないと自慢していました。彼女のデザイン哲学は「服ではなく、何かが必要です。」アンネ・クラインの設計経歴は30年を超え、アメリカのファッション業界に大きな貢献をしました。アン・クラインの前にClire McCard dellと彼女が創立した優雅なスポーツカジュアルウェアで、アメリカファッションを新たに位置づけました。20世紀の60年代の中期に、アンネ・クラインは自分で毛皮製品を開発して、既製服市場で有名な服装の生地――毛皮を創立しました。彼女は明るい色系の、モダンなスタイルのシルエットの革製品で有名です。

アンネ・クラインはスポーツウェアのデザインで有名だが、彼女が服装に対して突出した成果を出したのは、少年服はサイズのデザインで年齢ではなく、「Junniors」(少年服という意味で)ファッション界での意味を意識したからだ。これまでは、「Junniors」は子供服概念の外延にすぎなかった。

業界関係者によると、少年と12歳以下の子供はイメージの違いがないという。若い女性のライフスタイルを分析することによって、アンネ・クラインは彼女たちに提供された服が実際の必要を満たすことができないことを認識しました。1948年、彼女は初の夫Ben KleinとJunior Sophisticates服装会社を開設して、会社は市場開拓に力を尽くして、少女服の初展示会を出して、ノースリーブタイトスカートにジャケットを合わせることを特色としています。アン・クラインは経営過程で少年服のデザインの誤りを徐々に変えていき、「Junioors」はすぐに今のスタイルを形成しました。精致で洗練され、洗練され、ファッションスタイルは成人服に傾く傾向があります。

その後、より多くのデザイナーがこの細分市場に力を入れています。同時に、大人のファッションデザインも突破しましたが、やはりJunniorsの風格を生かして、少年服の特徴を大人の世界に導入しました。ボタンやリボンなどの少女服の要素を大人のファッションデザインに取り入れて、デザインされた服装はとりわけ小柄で精巧な女性に適しています。