上流社会の手づるRICHARD MILLE8大黒の科学技術

事は遅らせるべきではなくて、ずっと本題に入ります。少しも隠しだてしなくて、この前に、しょうがない私が決してRICHARDMILLEを書きないのだを除いて、RICHARDMILLEは私がまったく消費できないためです。1匹の消費できない腕時計、私はまたどうして彼の各種の市況、細部に対してよく知っていますか?人件費の60万は入門して、100万、200万は常規の型番で、600万、700万まで着いたのはハイエンドの型番です。いいえラインストーン、に頼って(寄りかかって)カスミソウによらないで、全くハイテクの材質と先端の加工技術に頼って(寄りかかって)数百万売価を支え始めて、時計界でもRICHARDMILLEがこの点(骨董の時計を除く)をやり遂げるしかないことができるのを予想します。私達はすべて知っていて、パテック・フィリップとロレックスは時計界の2の大きい巨頭で、RICHARDMILLEは別の一層の境界があります。パテック・フィリップ、ロレックス、少なくともその中のいくつか型番はすべて私達の“射程”の範囲以内にあります。RICHARDMILLEは全く上流社会の基本スペックで、そのためどうしてあなたが上流社会に光栄にも上ると証明しますか?1匹のRICHARDMILLEだけを必要とします。