飛亜達が2019バーゼル時計展に登場しました

2019年春、第49回スイスバーゼル国際時計ジュエリー展が盛大に開幕しました。飛亜達は専門的なタブ精神を持ち、時計芸術の美感を与え、大師シリーズの敦煌のテーマ腕時計、マッハシリーズの「殲-20」連名限定モデル、スタイルシリーズ、心弦シリーズを携えて出展します。バーゼル時計展1号館としては初めて中国の腕時計ブランドに由来しています。飛亜達は専門的な表を作る上での深い蓄積を明らかに示しています。

飛亜達が2019バーゼル時計展に登場しました。

2019バーゼル時計展飛亜達展示館

飛亜達大師シリーズ敦煌のテーマは胡旋舞腕時計です。

現地時間の3月21日午前、中華人民共和国駐スイス連邦特命大使の耿文兵さん、中共深セン市光明区委書記の王宏彬さん、中国航空技術国際ホールディングス有限公司会長の劉洪徳さん、及び飛亜達株式有限公司会長の黄勇峰さんなど多くのゲストが出席しました。」飛亜達敦煌のテーマ腕時計発表会と「青青青使命」基金スタート式は、国内外のメディアから広く注目され、飛亜達の新たなスタートを切った。