オメガ、「アポロ11号」50周年記念限定腕時計を発表

50年前、人類は初めて月の表面に足を踏み入れました。この偉大な試みは歴史を書き換えただけではなく、人類の宇宙探査にもっと多くの可能性をもたらしました。この重大な歴史的事件の50周年を記念して、オメガ(OMEGA)は、アポロ11号の月着陸伝説と任務を遂行した宇宙飛行士に敬意を表して、新たなビッグマックシリーズ「アポロ11号」50周年記念の限定腕時計を発売しました。

オメガの月面着陸伝説

1969年7月21日(UTC)、宇宙飛行士のニール・アームストロングとバーツ・オルデリンが相次いで月に足を踏み入れ、人類初の月着陸を果たした。今回の月の歩みは二時間半にわたって、人類の宇宙探査の歴史に重要な足跡を残しました。

オメガのスーパーバーシリーズを着用しています。

アポロ11号50周年記念限定腕時計

オメガのビッグマックシリーズの時計は宇宙飛行士に付き添ってこの偉大な瞬間を目撃しました。そして初めて月に登る腕時計になりました。

アポロ11号の任務の成功は、間違いなくオメガ宇宙伝奇の重要な瞬間である。しかし、オメガの宇宙旅行が始まったのは、1957年の第一号のスーパー腕時計の誕生にさかのぼることができます。

オメガの腕時計は、頑丈で耐久性の高い性能と読みやすいデザインで「パイロットの選択」となり、アメリカ空軍のパイロットが任務を遂行する際の腕間装備となっています。彼らの多くの傑出したパイロットはその後、アメリカ国家航空宇宙局(NASA)の初の有人宇宙計画に参加しました。1963年、宇宙飛行士のワルター・シュエラは「水星大力神8号」の任務を遂行する時、彼が個人的に購入したオメガの超覇シリーズCK 2998腕時計を着用しました。この腕時計は彼に付き添って宇宙で地球をめぐって6週間、これによって初めて宇宙に入るオメガの腕時計になります。