Historiques Cornes de vache 1955デザイン

Historiques Cornes de vache 1955は伝奇の再演繹を採用した、直径38.50ミリのプラチナ950ケース、防水の深さは約さんじゅうメートルを添えて精巧な研磨「角形」表耳設計。透明なサファイア水晶のつむじ式の底蓋は蓋を通して全体の手仕事の装飾の複雑な機械を鑑賞することができます。また新型腕時計を厳格に続いたのは元モデルさん時位置のさんじゅう分クロノ文字盤とはきゅう、く時位置の小さい秒針の立地に従って、現代的なデザインをひろくなる腕時計の直径は腕時計全体の構造はもっとゆとりを過ぎて、同時にに昇格した各種機能の可読性。

 
銀めっき乳白色の文字盤の面積が伸びて後にローマ数字の組み合わせされ、時には目標と針を採用した18プラチナ材質で中央クロノ秒針、さんじゅう分クロノグラフ針と速度計目盛りを扱ったロイヤルブルーは、さらに改善したフェイス全体の可読性。は尊いジュネーヴ印を持つほか、Historiques Cornes de vacheストップウオッチブランドは1955カウントダウンに独占至尊の品質要求、体現したカリスマ工芸の独占オリジナル、正確な、持久丈夫とタブ芸の佳作。

 

http://www.jpmostpopular.online/