非主流表展は勢力を拡大しています

2009年以前の二十年間は、世界時計の分野で「二会」を開く伝統がありました。つまり、毎年の初めにジュネーヴとバーゼルで開催される大型見本市の2つがあります。すべての愛を信じる人は心の中がよく分かります。5、6月まで待って、スイスの時計展の上の各種のニュースに関して、新品、成り行き、設計、材質、スター甚だしきに至っては八卦は無数な雑誌の中で天地を覆い隠すように出現することができます。バーゼル時計展とジュネーヴ時計展はすべてのスイス時計ブランドを網羅していません。スポーツの世界にはいつもオリンピック以外の種目があります。ここ数年、「二会」や「正统腕时计の世界」以外のブランドに比べて、影响力はますます高まっています。まず、代表壇の鬼才であるフランク・ミュラー大師が十数年前に自宅の荘園で創設したWPHHです。今はFrank Muller、Pierre Kunz、Rodolphe、Barthelay、ECW、Martine Braun、Backes Straussなど9つのブランドが集まっていますが、実はジュネーヴの時計展もまだ16 7つのブランドしかないです。WPHH――「世界第三表展」という名称も本当に有名です。Frank Mullerと似たような成長を経験したスイスの現代的なタブマスターや独立したブランドは、両方の会議に参加したくないし、Frank Mullerに追随したくないです。どうやって自分を展示しますか?