腕時計は一体どのくらいの下弦がいっぱいになるのか

この問題を聞く人がいるとよく耳にします。内行人にとっては、この問題は小さいかもしれません。素人に言っても、心配と困惑のことかもしれません。まずここ二時言います:1は佩く機械式時計はなるべく满弦状態にして、この時の向上に精度と延長の長さは必要の時も、手巻きのは自動巻きの時計はすべてこのように;2は機械式時計のねじまきとっくにステンレス材質、スイス「NIVAFLEX」と呼ぶ人、国内行「白钢」バネ、実は1種の成分が復雑なニッケル基材、それはごじゅう年前の時計炭素鋼バネでは折れやすいので、心配しなくても、力を入れすぎてそれを折ってしまった。
では、腕時計は一体どのくらいの下弦がいっぱいになるのでしょうか。この問題は具体的に解釈しなければならない。
(いち)と表頭の大きさに関しては、表を大きなつまみやすいと骨が折れて、小さな滑りやすい。また、表殻の柄頭管との連携を緩めておくこともあります。
(に)と巻きの歯車伝動比関係がある、異なるムーブメントを巻き係の歯車伝動比はそれぞれ異なって、包括輪、小鋼轮と大鋼輪の歯車の歯数から、巻き速度が違う。(写真を見る)
(さん)の仕事をバネに回転数も違うし、腕時計のぜんまいの仕事の回転数は通常の6 – 10界の間、仕事圏の数が多い、巻きの回数(数)が多めに。
(よんしよ)と巻きの力に関しては、私はこれまですべて自分のねじを巻くの満を強力に、多分ある人巻き時が「甘い」なら、表を毎回回転の程度が違う。
一般的な上弦が30下になるのが一般的ですが、手に弦を入れている腕時計はもちろんですが、いつまでも回転できなくなるまで、髪がいっぱいになります。自動的な時計にとっては、ほとんどの自動腕時計は手で発条することができるので、特に着帯や止まった後に帯をつけても手で発布する必要があります。(初期佩用皆に頼らないで自動陀に满弦)みんなも知っているので、自動時計は「上满弦」というから、自動巻き腕時計の回数も少なくて提案するなかれ、多く何を、例えばによんじゅうの下で、基本的な保障がいっぱい。