腕時計の震動周波数と発展とその優れた欠点

言うことができて、それはこの業界のマークが、おそらく唯一の時計業界の人で、これはと病院で医者の聴診器は同じだが、表業界でもない人を呼ぶとルーペではなく、「寸鏡」とそれのための焦点はとても小さくて、約1寸のせいだろう。はやる鉱物とジュエリーの人もルーペで、しかし彼らはのどのは手持ちの、時計業界は目で挟んでスチールリングバネ盤や頭の上でのため、常にの使用は、それは働けない。
時計の師匠はすべてそれをはっきりと目の上に挟むことができて、見ているのは容易ではありませんが、普通の人は挟まないで、しばらく挟まれることができても、あなたはどれくらいの時間を維持できません。当初を考えて、私はちょうど学んで時計技術の時に、この基本練習が長い時間か、私の師匠のような手品のようにすぐに、取った時だけあっという間に寸鏡はあの人の下に落下し、手でつなぐことは、あの何気ないアクションは本当にかっこいいよ!私はいつまでもできません。
ヨーロッパ人が深いかもしれないアイホールで、彼らの寸鏡と私たちの違う:一つの特色は直径が比較的大きく、もう一つは彼らの寸鏡には通風用の2つの穴にならないで、通風孔、それは、容易に結んで霧のレンズ。

眼鏡にかける寸鏡
工業生産の時計工場で、そこの師匠は基本的に採用寸鏡をひとつ固定スチールリングバネに、そして盤頭には、普段から首にかけると、今はもうあまり人目でそれを挟んで、修理にも同様に、このとスイスや日本のこのつの業界の習慣は同じ。面白いことに、スイス人、日本人は彼らが一気にで首にさんの寸鏡、特にマスターの師匠(おそらく寸鏡の数と技術レベルが高低関係がある)さえ輩の弟子、甚だしきに至っては女弟子がみんなをにしてね。それは寸鏡が別の倍率で、たとえば:さん倍、よんしよ倍、ご倍とじゅうに倍、これ見てあなたの年齢と眼差しは良し悪し、普通の情況の下で低倍、発条や逃げ機構は「じゅうに倍の、このようにようやく見る確かに。腕時計の補修という業界は小さくて養わないと言っていないし、若いのは経験も技術もないし、年を取っても目がかかるし、手もついていけないから、間鏡は決して離れられないと言っていた。