現代ファッションの漢のミルトンの探険のシリーズの全く新しい腕時計の本番に迎合します

今年、漢のミルトンはクラシックの探険のシリーズの腕時計の登場60周年を紀念するため、3モデルが新しくモデルを表して改めてすばらしい原作を演繹するのを出しました。周知のように、探険のシリーズの腕時計は1957年1月3日に出して、このシリーズの腕時計は革命的性質設計を革命的性質のチップに溶け込んで、ハーフバックを設計するだけではなくて、第一モデルの電気エネルギーが腕時計に駆動するで、表を作成する史の上で画期的な意義があります。

3モデルの紀念の腕時計の中で、以前未来と渡して為替で送って、その中の1モデルの石英の腕時計は黄色PVD上塗りの精密な鋼を配備して殻を表します。その皮革の腕時計のバンドが扮して茶褐色のトカゲの図案があって、白色の時計の文字盤は金色の時間の目盛りとポインターを配備して、秒針は赤色の針の先を付け加えて、腕時計に復古を優雅な気品を与えて、同時に探険する腕時計の光り輝く歴史に向って挨拶します。その他に1モデルはデニムの布設計を採用して、デニムの布は探険する腕時計の誕生する50年代は一世を風靡していて、歳月をしばしば経験するのが洗練されていて、一度も流行遅れがありません。探険する腕時計はの使用する腕時計のバンドの上でを、その光沢加工の精密な鋼は殻を表して立体のジーパンの刺青の時計の文字盤を印刷するのをおさえるのを配備して、1部の近代的な感を増加します。