クラシックで優雅でシンプルな力の時の指揮官シリーズ大カレンダー月相腕時計

ここ数年来、腕時計市場では頻繁に動作しています。乱暴で不遜な驚艶腕時計の製品がたくさん発表されましたが、真力時指揮官(Captain)シリーズの腕時計は1952年に登場して以来、クラシックで優雅なデザインの伝統を守り続けてきました。

真力時指揮官シリーズの大カレンダー月相腕時計は2011年に発表されました。デザインのヒントは1952年に発表された真力時指揮官シリーズの腕時計に由来しています。新型の真力時大カレンダーの月相腕時計は基本的に元のモデルの特徴を継承しています。同時に大きなカレンダーウィンドウ、月相、秒針を時計の1時、6時、9時の方角に調和させて、グリッド状の文字盤と9時の文字盤を合わせています。プロファイルの目盛りは、エレガントな特性を発揮します。

腕時計には、太子妃式ロジウム金属の磨面針が装備されています。手作業で取り付けられた長い時間標は、歴史的なモデルの特色を表しています。ケースの直径は40ミリに増えています。