モバードMOVADOは腕時計のバンドをかえてそれどんなに注意します

金属製バンド

1、モバードの腕時計が広げる時、腕時計のバンドの割引の上の字母あるいはマークが時計の文字盤を要するのが一致して、もしも逆さまにしたので、それはつまり腕時計のバンドが設置するのが反対になりました。

2、金属製バンドは腕時計のバンドに下ろしていく節(つ)時、偶数のが行くのである方がよくて、その上モバードは必ずボタンの程度のすべて平均しているのを説明して下ろしていかなければなりません。このようにボタンを表すのがようやく中に立ったのを保証することができて、つけるのはやっと心地良くて、特に計略の比較的細いレディース、腕時計のバンド祭に行く時更にこの問題に注意します

3、腕時計のバンド祭を解体するのは方向があったので、普通にモバードで説明するのが身に付ける腕時計のバンド祭の間の鍵をかけるくぎの脱出する方向を指示しに来る矢じりがあるので、できないのは反対になって、設置する方向はとリシャールミルスーパーコピーる方向と相反します。

4、空いている芯の腕時計のバンド祭、普通はいわゆる“ヘアピンの栓”を使います。比較的ゆとりがありやすくて飛び出して、本当の芯の腕時計のバンドが普通でくぎあるいはキャリエッジボルトを着るで腕時計のバンド祭をつないで、時間も恐らくゆとりがあって飛び出しができて、だから必ず定期的に検査しなければなりません。針形のものでそれを外挿するに向って力を入れることができて、もしも、くぎに鍵をかけて出てきをおしますと、それならすでにゆとりがあったと表します。もしも現れる兆しがありを発見して、メンテナンスにすぐに行きます。