時計三包条例

時計の修理、交換、返品実施細則(時計三包条例)

一、時計の小売単位が50元以上の時計商品を販売する場合、規定に従って優待券または保証書を三つ作成し、販売先、修理先、修理期間を明記してください。

二、100元以下の時計商品は三包期間の半年です。100元以上の時計商品は三包期限の一年です。10000元以上の時計商品は三包期限の二年です。

三、時計販売部門は偽物商品を販売してはいけません。商品は一年間で販売しています。国家が制定した品質検査部門を通じて偽物と認定されています。販売単位は全部の代金を返す以外に、お客様の同等の金額の代金を弁償しなければなりません。

四、時計の外観部品(殻、面、針、柄頭、ガラス、外観固定品及びバンドなど)は販売中に注意して検査し、目の前で確認すること。使用中の外形部品の損傷は保証の範囲ではありません。しかし、製造工程上の欠陥であり、使用によるものではない(ケースの非対称、表面の目盛りが不揃い、メッキ層の泡抜きなど)。保証期間内にお客様に不合格の外観部品を交換してください。外観部品の中で機械工具が分解された金属バンドは、三包期間内に自然に緩みが生じ、二回以上修理しても正常に使用できなく、手でばらばらになることができます。不合格です。この部品を無料で交換してください。表面の字の塊、商標の使用は脱落して、3パックの期間内は無料で修理して、2回以上修理して依然として正常に使うことができなくて、無料でこの部品を交換するべきです。

五、時計販売の中で測定器で検査して歩くことができる精度の(機械式腕時計)は検査しなければなりません。歩く時は品質基準に適合しています。時計は周期的なタイム計測器で、普通は正常に使っても超差がありません。しかし、使用者によって違います。振動、磁気などの外力要因によってスピード誤差が基準を超えて、使用中の正常現象に属しています。属性が故障しないので、保証部門が無料で調整できます。調整によって基準に達しない場合、三包期間内は無料で検査修理または関連部品を交換するべきです。

六、時計は三日内で売られています。(日帰りできないところは五日です。)時計は使われていません。バンドを分解していないので、二次販売に影響はありません。買い物証憑と関連手続きで元のショッピングカウンターに無料で返品できます。

七、商品は七日内で止まっています。周カレンダーは踊りません。などの性能障害があります。外観に損傷がない場合、お客様に無料で交換できます。外観に損傷があれば、心機一転ができます。時計は15日内で販売されています。以上のような性能障害があれば、お客様に無料で買い替えられます。