胆は大きすぎて、このひゃく万のロジャー杜彼方の私が草生す!

として借りる人がない、私は緑が好きになった人を激怒させるのに至って、特に私の夢ブランドロジャー杜彼方に遊び始めこの色に抵抗できないで、本当に幸い、財布が足りない私を阻止して、いくつかのこと。

事実、個人的には多くのスイスの表の中で、ロジャードゥは非常に男性化したブランドで、極めて近代化していて、強烈な機械感を持っていて、いわゆる復古経典とは縁がない。そしていつまでも自動車とのつながりがしっかりしていて、これも私自身にも退屈しています――1人も車も開かない人は、なんと前衛のブランドに感動しました。

先に来て見てみて、この緑の新しい表はどんな由来だろう。

ご件の特許技術を搭載したエクスカリバーAventador Sシリーズの緑の腕時計は今月のジュネーヴ国際モーターショーが現れ、その提携先は依然としてPirelliピレリとLamborghiniランボルギーニ。

実はとても簡単で、いくつかの前衛の時計のブランドは材質の上で多くすべて自動車に鑑みて、これもどうしてこの両者の関係はそんなに緊密なのですか。

今年は28枚限定版が発売されたエクスカリバー形式Aventador Sシリーズ緑腕時計配備黒と緑似合う双材質バンド、とケースと表冠に緑のゴムコーティングや炭素繊維溝ベゼルに緑のマークに呼応して、も示したこの協力連合の独特エネルギー。