3人の男が時計に出会う

これは私が3回目の招待で深セン時計展に参加したのです。

深セン時計展は国内最大の時計展で、しかも誰にも開放されています。腕時計が好きで、1、2日の時間を抜いて、シンセン時計展の魅力を自分で感じることができます。

私が参加したのは深圳時間文化週間です。この名前から、私たちは文化の重みを深く感じているようです。

もちろん、腕時計はいつものようにたくさん見てきました。興味のある方は腕時計地のトップナンバーでゆっくり楽しんでいます。今回は主に皆さんと話をしたいと思っていたのは、深圳時間文化週間の間に最も文化的な雰囲気のあるイベントである。このような1つはほとんど新しい表とアクセサリを展示する場所で、1つの文化を話す場所が現れて、まだとても得難いです。

時間書の司会は、著名な時計文化学者、時計堂、GPGジュネーヴ時計大賞の常興。

私は常先生が何年も前にいることを知っています。その時、私はすでに『国際精表』の雑誌を離れて、旅行のビデオを撮った会社で食事をしました。つまり、私の主業はすでに表と何の関係もないということです。もちろん、自分で時計が好きなので時計の仕事をしていませんが、この業界にも注目していて、常に時計友会に参加しています。こうして、常先生と知り合った。