ローマの裏面は愛情だ

ラura Lan青思晴『大書きのロラ』の主筆華語圏で有名な時計の宝石評論家、専門的な機械時計を鑑賞して、また宝石、生活、文化、芸術などの各分野に対して独自の見解を持っている。プロの文案、顧問、講習などの仕事に従事する。

夏のローマは、他の場所よりも暑い。ローマにいるかどうかは知らないが、すべてのように誇張しなければならない。

数週間前にミラノにいる時はすでに日をさらしてはいけないが、ローマに転校してきたときはまるで真夏で、毎日毎日の強い日差し、ローマは悲しいことがないようだ。イタリアでは1週間以上も私の手を離れていませんでしたが、この時は確かに私を左右させるべきです。
激しい太陽の下のローマの闘獣場。

初めてローマに来たのは15年前、バチカンの近くのスーパー住宅街に住んでいた民宿で、3月末の町中は雨だった。私は、高い屋根、きれいな部屋で本を読んでいなかった。私の年に似た大家さんは毎日家にいた。見てみて、いつまでも遠くまで行っていません。大家さんは毎晩30年以上のレストランを開いてきました。家の主な食堂で、夜ごとに何を注文しても、大家さんを見て育った店主は全部私を10ユーロだけ取っていました。