本蔵対表飛亜達が敦煌テーマのエナメルリストを発売

今年のバーゼル国際時計ジュエリー展では、ドアダ系の敦煌主題歌、マハシリーズ「殲- 20」の連名限定金、風致シリーズ、心糸シリーズが出展している。中国の敦煌は2000年以上の歴史を持っていて、「シルクロード」の上のきらきら輝く真珠で、東西文明がここで交じり合って、無数の敬虔な使者と芸術家は遠くから来て、敦煌にかつてない頂点に向かっている。中国の文化が残された奇跡は、扇窟の扉の背後に、東の人の心の中には声をかけない。プロの製表と文化的な美しさに対する追求を持っていて、マダダのシリーズの敦煌の主題のエナメル時計を出して、方寸の間に再現して、敦煌の永遠の輝きを再現します。

この敦煌のテーマのエナメル腕時計は設計上の心構えがなく、精巧に機心の位置を調整して、非対称の“偏心”の盤面を呈して、独特であるだけではなく、エナメル工芸により大きく空間を発揮した。腕時計は18 Kのバラ金で骨盤を作り、「独立針」の盤面で、表盤と針の構造を創造的に改造する。

全体の表盤、分針1本のショー、6時位の半月の窓は漢字の時の皿を透けて、時間の経過に従って、回転して24時間表示されます。面白いのは、空飛ぶ鳥と菩提葉の結合の位置を持って、表示された数字はすぐの時間数です。このようにして、時間と針は互いに独立して、また互いに依存して、読むことはとても興味があります。